タイアーティスト

タイアーティスト

タイの音楽のジャンルは歌い方で変わるという。代表的なジャンルは4つあり、歌い方、言語などでジャンルは変わる。
一つ目はプレーン タイ サーコーンというジャンル。
プレーン ポップ、プレーン ストリングと呼ばれるタイ語で歌われるポップス全般を指す。ロック、ヒップホップ、アイドルなどに細かく分類することができる。代表的なアーティストはバード、LOSO、NekoJampなど。
二つ目はプレーン ルークトゥンという主に歌謡曲として歌われる。
標準タイ語(中部タイ語)で歌われる歌謡曲である。またイサーン語で歌われるものはルークトゥン・イサーンと呼ばれる。
代表的なアーティストはプムプアン、チンタラー、パイ・ポンサトンなどである。
三つ目はプレーン プアチーウィットと呼ばれるフォークやロックなどに使われるジャンルである。
カラワン、カラバオ、カンピー、ヌー・ミーター、などが代表的である。
最後にモーラムと呼ばれる、タイ東北部イサーン地方、ラオス文化圏に伝わる伝統音楽である。
チャウィワン、バンイエンなどが代表的なアーティストである。
この四つがタイの代表的なジャンルとアーティストである。やはり人気なジャンルはどこの国もプレーンタイサーコーンであり、西洋的なタイの歌謡と言われ、人気は歌手によりさまざまだが、人気があるジャンルの一つである。